top_header.jpg

top_header03.jpg

奥浜名湖 きじの里は浜松市できじの養殖・食肉製造・加工販売・業務用食肉販売・通販をしています。
離れには和食処もあります。

top_header04.jpg

HOME > きじを食す

きじを食す

きじの親子丼

材料 きじ肉/きじの里特製 きじ鍋のタレ(200cc)/野菜(ごぼう、まいたけ、人参、タマネギ)/卵(キジの卵<季節限定3月から6月>を使うと、よりおいしく召し上がれます。)

レシピ
1.親子丼鍋(浅鍋)を熱し、油を引き一口大に切った肉を入れ炒める。
2.肉を一旦取り出し、野菜(ごぼう、まいたけ、人参、たまねぎ)を入れて炒める
3.鍋に肉を戻し、「きじの里特製 きじ鍋のタレ」を入れる
4.卵を割り入れる

06kijidon2.jpg
_MG_0519.jpg_MG_0526.jpgRIMG0187.jpg
tsushinhanbai255x64_4.jpgtsushinhanbai255x64_4.jpg

きじの3色丼

材料 米/きじ肉(挽肉)/きじの里特製 きじ鍋のタレ(200cc)/卵(キジの卵<季節限定3月から6月>を使うと、よりおいしく召し上がれます。)/きざみのり/醤油/みりん/砂糖

レシピ
1.きじの里特製 きじ鍋のタレ(きじガラから贅沢にダシを取っています)、1(200cc)に対し水を2(400cc)の割合で米と一緒に炊く。
2.醤油、みりん、砂糖を混ぜた中にきじのひき肉を入れ、少し時間をおき、フライパンで炒める。
3.炊き上げたご飯の上にそぼろ、のり、錦糸玉子など色合いの良い物で盛り付ける。
きじの里特製 きじ鍋のタレ(きじガラから贅沢にダシを取っています)、1(200cc)に対し水を2(400cc)の割合で米と一緒に炊く。

kijimenu1.jpg
_MG_0519.jpg_MG_0526.jpgRIMG0187.jpg
tsushinhanbai255x64_4.jpgtsushinhanbai255x64_4.jpg

きじの里特製 きじ鍋のタレ

きじの里自慢の「きじの里特製 きじ鍋のタレ」はきじガラを大量に使い、きじのうまみを抽出しました。自家養殖でなければこんな贅沢なタレは作れません。
少し高いですがそれだけの価値は在るものと自負しております。
通信販売をしております。ぜひお買い求めください。

_MG_0526.jpg
tsushinhanbai255x64_4.jpgtsushinhanbai255x64_4.jpg

アウトドアできじを食べる

材料 きじ肉(丸鳥一羽)/岩塩/香味野菜/ジャガイモなど

レシピ
野外できじを丸ごと焼いて食べました。
ダッヂオーブンを使い 今回は岩塩だけで焼きました。
表面が少し焦げるまで焼くのがポイント。
★お好みの香味野菜をいれてよりおいしく!

06kiji1.jpg
06kiji2.jpg
tsushinhanbai255x64_4.jpgtsushinhanbai255x64_4.jpg

きじ肉と栄養

協力:引佐赤十字病院 栄養課

1.蛋白質の多いローカロリー食品

 雉肉は鶏肉とはかなり異なり、栄養価を比べてみても蛋白質が多く脂質が少なく、カロリーが鳥肉の半分くらいです。蛋白の多いローカロリー食品と言えます。また身体のエネルギー代謝に必要で外部から摂取しなければならないミネラル(特にリン・カリウム)を多く含んでいます。なおビタミン類は、野菜や穀物類と一緒に食べると、いっそうバランスのよい健康食品になります。

以下に鶏、牛、豚と主な成分を比較してみます。

_MG_0517.jpg

肉100g当りの成分
kijinosato_eiyou.jpg

4訂 日本食品標準成分表より 科学技術庁資源調査会編

2.必須アミノ酸が豊富なきじ肉

 蛋白質は、食べ物として摂取すると腸で分解されアミノ酸として吸収されます。吸収された後体内で蛋白質やアミノ酸に再生成されます。 
 身体を構成する蛋白質のアミノ酸は約20種類ありますが、バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・リジン8種のアミノ酸は体内で作られないため、必須アミノ酸と言われ、食物からとる必要があります。
 蛋白質の一日適正摂取量は60Kgの人で約60g(体重1kg当たり1.0~1.5g)です。多すぎても少なすぎてもいけません。蛋白質は身体の中で骨格を形成したり(骨や皮膚)、血液中に貯蔵されたり(アルブミン、カゼインなど)、また代謝・呼吸・ホルモン系・免疫系・運動機能(筋肉の収縮)などにおいて重要な働きをします。バランス良く蛋白質の食べることが大事です。

きじ肉は必須アミノ酸をすべて含むため、動物性蛋白としては良い食品と考えられます。

ページの先頭へ